スノボバスツアーで行く時の荷物は何のバッグを使っていますか?

格安でスノボに行くならバスツアー!これはマイカーや新幹線に比べると何よりも安くいける手段ではないでしょうか。自分も若い頃はバスツアーで良く行ったものです。

現在は仕事の帰りに新宿駅を使うのですが、12月~3月は新宿の都庁らへんからバスツアーを利用されている方が多く仕事の帰り道にスノボ用品を持った人とすれ違うといつも良いなと思ってうらやましく見ています。

うらやましく目が行ってしまいますが、皆さんの装備で多いアイテムをランキングにしました。

それでは以下ご覧ください。

 

第1位、背負えるボードバッグ

新宿や池袋の集合場所まで自宅からの移動に重い荷物を持ち歩かないといけないという点から、皆さん背負えるボードバッグを使っているのだと思います。特に女性は背負えるタイプを使っている人が多い印象を受けます。

またこの背負えるボードバッグはスノーボード用品が一式入るので一個持っていれば事足りるという点で良いのだと思います。
またブランドは皆さんこだわってないように思いました。
BURTONやDAKINEのボードバッグにすると一気に値段が上がるので安いもので良いと思います。

 
 

第2位、肩掛けのボードバッグ

背負ってないだけで肩掛けのボードバッグです。
こちらもスノボ用品が一式入るので良いと思います。
物を選ぶときにスノボツアー等で日帰りの場合があるのでスキー場についた時に大きなコインロッカーを使用するのでなるべく小さく折りたためるソフトケースを選ぶ事をおススメします。ボード保護のスポンジ等入りすぎないボードバッグを選ぶのがポイントです

 
 

第3位、ソールカバーに大きなバックパック

VAXPOT(バックスポット) ソールカバー スノーボード用 BLK VA-3405
VAXPOT(バックスポット)
売り上げランキング: 1,998

僕もこのスタイルです。
特に男性はこのスタイルで行かれてる人を多く見ます。板は裸の状態で電車等乗っていると良くないのでソールカバーは必須です。ソールカバーも背負えるタイプもあります。またこの時、ビンディングや板がかっこいいと、目を引く事間違いなしでしょう。多いのがDAKINEやオレンジで出しているリュックにブーツまで入る50リッター以上の大きなバックパックを背負っている人が多く感じます

自分は板以外の道具を入れる用にノースフェイスのBC Duffel(Lサイズ)を使用しています。

 
 

第4位、ウィール付きボードバッグ

これは特に女性に多いです。
移動中にスノボ用品の持ち運びは一苦労で、重いです。やはり肩掛けや背負うタイプではなくウィール(コロコロ)付きのボードケースは楽なんですよね。

自分の場合は北海道に行く時など、飛行機に乗る時はウィール付きのボードケースとリュックを背負って行くスタイルです。自分のような男性でウィール付きのボードケースにスノボ用品を一式入れて13kg~18kgなのでやはり女性一人で持つには大変だと思います。駅の階段とか絶対に持ち上げなきゃいけない時が出てきますから少しでも楽に行きたいところです

 
 

第5位、ソールカバーにウィール付きキャリーバッグ

これは楽だと思います。ウィール付きのトラベルバッグはハードケースではなく、ソフトケースがおススメです!ハードケースだと折りたためないのでコインロッカーに入らなかったら最後!ソフトケースのウィール付きキャリーバッグにしましょう!自分もDAKINEのソフトケースウィール付きキャリーバッグを持っていますが海外行く時にも使用します!ウィール付きトラベルバッグは大容量で楽なんで家に一個あってもいいくらいだと思っています。ただやや値段が高いのが。。。

 
 

最後に

いかがでいたでしょうか。やはり、男性と女性では力によって装備が違うんだと思ってみています。あとはブーツをリュックに掛けたりして皆さん色々工夫をしてるのも印象的です。今の所交通手段でバスツアーは最安になると思いますので、格安のバスツアーを利用して沢山スノーボードに行く際にこの記事が少しでも役に立てばと思います。

 
 

記事を共有するShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on Tumblr